スイフトスポーツ(ZC33S)に純正オプションのアームレストを取付した

前回の記事で中華製のアームレスト(コンソールボックス)を取付しました。
値段を考えたら十分使えると思うのですが、グラグラするし質感も悪いので純正オプションのセンターコンソールを取付しました。

純正オプションのコンソールボックス

スイフト用純正オプションのアームレストを中古で購入しました。
ちなみにカタログの正式名称はコンソールボックスです。

値段は高いですが、中華製アームレストと比べるとかなりしっかりしていて質感も良いです。

次の項目から取付方法を簡単に紹介します。
説明書が無い状態で自己流で作業した記録ですので参考程度にお願いします。

コンソールボックスの取付方法

取付穴のマーキング

コンソールボックスを仮置きしてみて取付穴を開ける位置をマーキングします。

センターコンソールの取り外し

センターコンソールの取り外し方法は「ZC33S センターコンソール 外し方」等で調べて頂ければ分かりやすいサイトが多数存在しますのでそちらをご覧ください。

センターコンソールの付け外し以外のところで作業した内容を紹介していきます。

取付位置に穴を開ける

コンソールボックスの取付位置に穴を開けます。
確か5mmのドリルで開けたような気がしますが、曖昧で申し訳ありません。

開けた穴の裏側から板ナットで取付します。
板ナットに両面テープがついていましたのでセンターコンソールの裏側から貼り付けておきます。

コンソールボックスをネジ止めする

センターコンソールにコンソールボックスをネジ止めしました。
センターコンソールと合体させたまま車体に載せました。

センターコンソールをネジ止めする

後は元通りにセンターコンソールを組付けていくだけですが、センターコンソールの後部座席側のクリップをネジ止めに変更します。

付属の板ナットを裏から当ててネジで固定します。

恐らくコンソールボックスがセンターコンソールの後ろ側に取り付くのでクリップのままだと剛性が足りないのかもしれません。
肘を置いたり物を入れたりしてもネジ止めだとたわみにくくなります。

シートレールへの固定

シートレールの内側に金具を潜らせて固定する為の金具があります。

どうやってシートレールの下側に金具を入れるのか分からなかったので今回は使用しませんでした。
取扱説明書があれば解決したかもしれませんが、ここの固定が無くてもグラつきは無かったのでとりあえずOKとしました。

完成

センターコンソールを元通りに組み付ければ完成です。
肘置きの部分は手前に引き出すことが可能です。

後ろから見るとこのような感じです。
中華製アームレストと同じでカップホルダーは使えなくなりますが、ちょっとした小物を置くためのスペースがあります。

肘置き下の小物入れです。
深さがあるので意外と物が入りそうです。

開閉動作はしっかりしていて流石純正オプションと言ったところです。

使ってみた感想(まとめ)

  • 中華製と違ってグラグラしない。
  • 質感が純正と合っていて違和感がない。
  • シートレール側の固定金具は使用していないが今のところ問題なさそう。
  • 新品で買うと高いのでヤフオク等で中古が出ていればラッキー。